古酒の魅力

おはようございます。

週末の大雪でフロントバンパーを傷めて修理中の車に代わって軽トラがやってきました!

通常自動車保険で代車をお願いする場合は同等の車が来るんですが、今回は雪が片付かないので保険屋さんにお願いして4WDの軽トラをお願いしました。これで敷地内にたまった雪が捨てにいけますね。

 

さて先週の展示会中に品川にある古酒を飲ませてくれるお店に同じく出展している白河の業者さんと飲みに行ってきました。

日本酒はあまり得意ではないのですが最近日本酒の古酒が気になっていたので行ってみることにしました。

まずは飲み比べセット。

古酒というのは新しいお酒に比べるとクセがはっきりでてきます。それがまたたまらないのです。

そのあとは気になるお酒を少量ずつだしてもらいすっかりお店の方と話し込んでしまいました。

そして最後はこちら。

みりんです。何と昭和49年のものが使われています!私より年上です。これがまた衝撃的でした。日本の発酵文化というのは素晴らしいなとつくづく感じましたね。味噌や醤油を低温でおいておいたらどうなるんでしょうか。気になりますね。

こちらのお店は品川プリンスホテルのすぐそばにあります。機会があればぜひ!

専務

このページの先頭へ戻る